英語とプログラミングは似ている話

英語とプログラミングは似ている話

どうも、脱サラ理学療法士のぼんぼりです。

介護業界からプログラマーへの転職を目論んで、日々プログラミングの勉強にいそしんでおります。

ちょっと難易度が上がった部分の勉強を始めてからというもの、毎日自分の無力さにげんなりしますね。

気分転換に英語でも勉強してやろうかとちょいちょいアプリとか使っているんですが、ふと「プログラミングと似ているんじゃね?」と思ったので、その気づきをブログに吐き出しておきます。

英語もプログラミングも左から読んでいる

どちらの言語も、左から読んでいるんですね。

英語→I was born to love you!→「私は生まれた、愛するために、あなたを」

プログラミング→String a = “I am a pen!”;「String型の変数aに代入します、“I am a pen!”を」

ベタ訳するとこんな感じですか。

どちらも左から読んでいますよね。

ということは、英語圏の人からすればプログラミングのロジックの流れは理解しやすいんじゃぁないですかな。

日本語は、やたら要件を後回しにするんですよね。

「私は、あなたを愛するために生まれてきた」ってな具合です。

ということは、この後回しロジックを切り替えて後付けロジックに考え方を変えてしまえば、もう少しプログラミングも勉強しやすくなるんじゃないですか?

わざわざ日本語訳するんじゃなくて、左から意味を連結させていくんですよ。

ということで、英語も勉強していったほうがいいかもしれないですね。

値の代入と関係代名詞は似ている

英語でいうthatとかitとかの使い方って、値の代入と考え方が似ているんですよね。

使いまわしたい内容があれば、ひとことにまとめて効率よく使いまわすんですよ。

まぁ、日本語でもこれやそれやっていう言葉にいろんな概念を代入しているわけですが、その辺は深くつっこまないでおいてください。

そもそもプログラミング言語には英語が多い

NullPointerException(値がNullなのにその変数を参照しようとしたときにでるエラーメッセージ)とか、シンプルに英語なんですよね。

こういったエラーメッセージは、たいてい英語で表示されます。

プログラミングに限らず、パソコン使っていたら何かしら英語の表示が出てくることってありませんか?

なので、英語を読めたり聞けたり話せたりすることは、パソコン力、プログラミング力につながると思うんですよ。

英語の意味が分かれば、いろんなエラー文を読み取ることができるので役に立ちます。

SQL文のエラーメッセージでSyntaxErrorとか出ますけど、Syntaxの意味が構文とかっていう意味がわかれば「あ、なんかSQL文の書き方間違えてんなぁ」みたいなことが理解できるんです。

地方の田舎に進学&就職してしまったがために、身に付けかけていた英語からとんと離れてしまったのが悔しいですね。

もっと、日常会話できるレベルまで勉強しておけばよかったです。

学生の頃は結構好きだったんですけどね。

なんせ、英語やっといて損はないってことですね、今更ですけど。

まとめ:英語もセットで勉強してみよう

プログラミングの勉強をしていると、ちょっとうつっぽくなってしまう瞬間があります。

そんなときに、気分転換がてら英語の勉強するのもいいかもしれないですね。

英語学習の進捗もちょいちょい上げていきますんで、是非お立ち寄りくだされ! ちなみに、僕の英語のバイブルはこれです!

24 -TWENTY FOUR- シーズン3 DVDコレクターズ・ボックス

新品価格
¥1,349から
(2019/5/19 17:02時点)

ちなみに、もうひとつおすすめのやつも上げておきます。

ちょっと先の話になりますが、夏休みとかにおすすめですよ。

多分、休み全部つぶれます(笑)

リベンジ シーズン1、2、3、ファイナル [レンタル落ち] 全44巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品]

中古価格
¥8,498から
(2019/5/19 17:03時点)