脱サラ理学療法士はITに強くなるためプログラミングを学んでおります

脱サラ理学療法士はITに強くなるためプログラミングを学んでおります

亀の歩みがごとく、ぽちぽちとプログラミングを学習しております。

ドロップアウト期間は、ゆっくり学べるチャンスですから。

完全に独学です。

実は、この記事のトップ画像は、Windowsのメモ帳機能を使って作成したもの。

つたないプログラミングですが、やっぱり具体的な形になると面白いなって思うんです。

ちょっと感動したので、記事にしてしまいました。

#HTML基本の知識はProgateで学んだ

ライティングにより技術的な付加価値をつけようとして、もっとwebデザインの知識を取り入れようとしております。

そこで、いろいろなプログラミング学習のブログを見ていると、どうやらProgateがよさそうだという結論に至りました。

そして、ちょびっとずつ問題を解いていたのです。

それで、やっとHTML&CSSの分野の初級問題をクリアしました。

ただ、喜んだのもつかの間で、実は有料講座が後ろに控えていたのです。

さすがに、初級問題を解いただけでは十分な知識は得られないだろうと思い、別のサービスも使い始めました。

#ドットインストールで講義を受ける

ドットインストールというプログラミング講座のサイトがあります。

そこでは、基本的なプログラミングを動画で解説してくれるのです。

ゲームでプログラミングに対する抵抗感が薄れていたので、さっそく挑戦しました。

内容はとてもわかりやすくて、かつProgateで十分理解しきれていない部分を埋めてもらえるような感じで勉強できましたね。

#動画の内容をひたすら紙に写す!

僕は、未知の分野すぎるものに対しては、5感が機能していないかというくらい感度が鈍くなってしまいます。

文字を読んでいても、何を読んでいるのかわからない。

プログラミングはまさにそんな状態でした。

なので、実際に紙にサンプルコードをひたすら書き写すという作業を始めたのです。

淡々と書き写していました。

そうすると僕の場合、意外と頭と身体に残るんですよね。

最初はまったく認識できていなかった文字が、次第に意味を持って目に飛び込んでくるんですよ。

「あ、おれ、もうプログラミングできるわ」

なんて、調子に乗ってしまうという悪いクセすらでてしまっていました。

調子にのってドロップアウトするくらいですからね、これくらいはご愛嬌(*´▽`*)

#ホームページのソースを見て複雑さに絶句

この勢いで、ブラウザに表示されているページのコードを見てみました。

なんなら、実用的なホームページのコードを模写してやろうかなんて思っていたのです。

「みたら、ちょっとはわかるだろう」ってね。

結果、絶句。

コードの意味がわからなすぎて、絶句。

複雑すぎて、絶句。

「あぁ、まだまだはじめの一歩にすらなっていないのか」

なんて軽く絶望感を味わいましたね。

ホームページ制作って、かなり大変なんだろうなって、壁が反りたって見えましたね。

こんな難しいモノをみると、ドロップアウトしてしまいそうです。

#簡単なモノをたくさん作ります

いきなりハードなモノを見てしまうと萎えるので、自己満足上等で、簡単なモノをたくさん作ってやろうと思います。

単純なコードをたくさん書いて、打ち込んで、動作確認をする。

将棋でいうところの、1手詰めですかね。

とにかく、手を動かして身体で覚えていこう!

脱サラ理学療法士のぼんぼりは、レベルが2にあがりましたから!

引き続き、黙々とスライム退治で経験値上げていきます。

あ、マンガの試し読みでスライムめちゃくちゃ倒すやつ。

あんな感じで気づいたら最強になってたみたいな流れを作りたいですね。

結構、マンガに感化されるんですよね、僕ね。

会社員で会社のために努力しても大した資産にはなりませんが、自分のためにもコツコツやりますよ!

ブログもライティングもプログラミングもね!

目指せ、レベル100!