ぼんぼりは転職に大成功しました

ぼんぼりは転職に大成功しました

個人事業主としてゆるゆる仕事していましたが、しれっと転職をしました。

結局、変わらず理学療法士として働いていますが、労働条件や収入の面から考えるとひとまず大成功と言えるでしょう。

やりがいうんぬんというより、とにかく食べていくための転職です。

ということで、その過程についてお話しします。

訪問看護ステーションが吉

訪問看護からのリハビリに対する風当たりのキツさは知っています。

なんで訪問看護やのにセラピストメインの事業所やねんといったツッコミがあるようですね。

それでもやはり訪問看護は魅力的な職場と言えます。

まず、セラピストでも起業できるという点。

正確には、セラピストと看護師がタッグを組めば起業できるということですが、事業収益をある程度自分たちでコントローるできるというのはかなり大きなアドバンテージです。

訪問リハビリとかだと、どうしてもお医者さんに雇われないと成り立ちません。

で、おそらくそちらに収益が吸収されることになるでしょう。

あと、訪問看護は圧倒的にランニングコストがいいです。

デイサービスなどの施設を建てると、建物にかかる費用や土地代、その他もろもろが必要になりますが、訪問看護は基本的に人件費のみです。

経営者はよく人件費が高いと嘆いていますが、労働者からすればこれは還元率が高いとも解釈できますね。

まあ看護師さんがお金を吸い取ることになるでしょうが、医者に吸い取られるよりかは遥かに良いでしょう。

まあ僕の偏見もありますが、なんせ、医療業界ではお医者さんお金取りすぎですよね。

権威に任せてお金を独占している人が多いように思います。

すいませんやっぱり偏見です。

とにかく、利益率を考えると訪問看護ステーションがいいですね。

特にスタートアップの訪問看護に入れば 起業の勉強になりますし、割とメリットは多いはず。

事務作業がICT化されているどうかはデカイ

カルテが手書きの事業所なんてのは論外ですが、タブレットなんかが支給されるかどうかも一つの目安ですね。

実績や報告・計画書類作成だけに事務所に強制帰還せざるを得ない事業所は、ちょっと遅れてるかも。

なんなら、その日の実績なんて自宅のパソコンで打ってもいいくらいですよね。

ちょっと在宅ワーク要素があります。

事務仕事くらい、仕事場じゃなくて家でしたいもんです。

1人1人にタブレットが提供される事業所であれば、まず実績入力の手間がかかりません。

遠方の訪問でも問題なく業務できます。

事務所のパソコンでしか入力できないパターンであれば、かなり時間のロスになるので労働者にとってもしんどい状況なんですね。

タブレット支給を渋るような事業所は、そもそも還元率もよろしくないはずなのでその辺も加味して選びましょう。

施設併設系の事業所は還元率低くなる

まぁ、経営者からすれば、安定した基盤を築くことにはつながるでしょう。

場所と人さえ確保すれば、後は任せきりでもいいですからね。

初期費用はハンパないっすけど。

これも国から設立時に補助金出るから問題ないという見方もあるでしょうが、労働者からすれば恩恵は少ないでしょう。

とりあえず、コストパフォーマンスでいえばデイサービスなんかは論外です。

特養はカタイですが、果たしてリハビリの需要がどこまであるのか疑問が残るところ。

おそらく、現場でクッソ忙しい介護や看護のスタッフにうっとうしがられて終わりですかね。

老健とかは医者絡むしなぁ。

なんせ、箱モノは転職先としてはしんどいのが目に見えてます。

無論、病院リハも大変なのは言うまでもないですね。

まぁ、病院からの訪問リハビリは利益率高いうえに扱いも安定もしている(お医者さんのお膝元で仕事してますからね)でしょうからこちらもありです。

訪問リハビリの場合、箱が巨大であればあるほど労働者への還元率は低くなると思ったほうがいいでしょう。

おわりに:リスクヘッジは自分ですべし

なにはともあれ、転職は自己責任ですね。

他人とつるむのが好きっていう人は、施設系が向いているのかもしれません。

あくまで個人の利益ベースで考えた転職の考え方ですからね。

え?お前はどうなんだって?

そりゃ大成功なわけですから、前の職場の1.5〜2倍くらいにはなっていますわね。

はい、転職バンザイです。

マジで、理学療法士は転職しないと損な業界ですね。

新卒からブラックな働き方をしてきた人は、早く自分の市場価値に気づきましょう

案外、どこでもやっていけるもんですよ。

とりあえず、転職サイトに登録するか、求人ググッて電話で問い合わせしてみるのもありですかね。

ほんと、アカンところで消耗し続けるのはやめましょう。