看護小規模多機能事業所での訪問看護に理学療法士が転職ってどうなの?

看護小規模多機能事業所での訪問看護に理学療法士が転職ってどうなの?

どうも、ドロップアウト系理学療法士のぼんぼりです。

介護業界における理学療法士のポジションを考えているのですが、やっぱり看護師さんとつるまないと理学療法士はやってけないよなって改めて思ったんですよね。

なので、理学療法士が転職する場として看護小規模多機能施設を併設している訪看はありなのかなと思います。

その理由について説明しますね。

介護業界では理学療法士の立ち位置は不安定?

以前書いた記事にもありますが、介護業界における理学療法士の立ち位置ってかなり不安定です。

機能訓練指導員なら理学療法士じゃなくてもいいし、そもそも機能訓練指導員は施設の設置基準には含まれていないことがほとんどです。

設置基準にないってことは、別にその事業所にいてもいなくてもいい存在ってことなんですよ。

「ちょっと儲けたいからリハビリもしよかな」ぐらいなテンションで導入する事業所もあるんじゃないでしょうか。

なので、理学療法士は介護業界では肩身が狭い思いをすることになるかもしれませんね、資格だけでは。

なので、介護業界についてしっかり情報収集しておく必要があるんです。

看護小規模多機能はインフラ度が高い

介護業界でかなり危険度の高い事業があります。

それは、デイサービスです。

特に、デイサービスのみの事業所は経営がかなりキツイでしょう。

で、機能訓練加算もショボいですよ。

まぁ、やり方によってはレバレッジを効かせられるかもしれませんが、マンツーマンにこだわったリハビリをしていては到底間に合わないでしょうね。

デイサービスのリハでは、個別でも最低2〜3人くらいを同時に回していかないと、経営的にも消耗しやすいです。

あと、スタッフもかなり消耗しますよ。

僕が経験済みです。

それに、デイサービスは利用キャンセルされるとどうしようもないビジネスモデルなんですよ。

キャンセル即収益ダウンです。

しかも、デイサービスは数も増えているので利用者が乗り換えるリスクもありますね。

それに比べると、看護小規模多機能施設は、宿泊機能も兼ねているので利用者のキャンセルに振り回されることは少ないです。

基本的に、報酬が月額制ですからね。

利用しない方が損になる仕組みです。

利用者の重症度も看護小規模多機能施設は重く、地域のインフラ度が高い事業といえます。

看護師とタッグを組めば最強

訪問看護において、理学療法士はおまけ的な存在です。

なので、看護師さんにめちゃくちゃ頼りましょう。

看護師さんがバックにいれば、大抵のアセスメントはフォローしてくれますから。

救急対応なんかでは、理学療法士よりはるかに頼りになります。

訪問看護に転職する理学療法士は、看護師さんをたくさん味方につけて仕事しましょう。

まずは、看護師さんに逐一状況報告を兼ねて話しかけることです。

自分から情報発信しないと、関係性は作れませんからね。

職務を分離したがる理学療法士は損する

ただ、看護師さんが頼りになるからと言って、身体のアセスメントも看護師さんに丸投げするのはやめましょう。

少なくとも、自分の意見も添えて報告するようにしたほうがいいですね。

理学療法士もしっかりアセスメントに参加してください。

でないと、訪問看護スタッフとして人を評価するスキルが身につかないです。

それができないのにリハビリのことばっかり言ってると、おそらく看護師さんを敵に回します。

最悪、リスクのある利用者への対応ができない理学療法士になってしまいますよ。

「それは看護師の仕事でしょ!」って決めつけて分けてしまうのではなく、なんでも役に立つものは吸収しちゃいましょう。

そうやってお互いの共通言語ができあがってから、やっと次のステージに進めるんです。

地道ですが、関係性は日々の仕事でコツコツ作っていくしかありませんからね。

最低1人は理学療法士がいる職場を選ぼう【重要】

看護小規模多機能事業所への転職で注意したい点として挙げられるのが、理学療法士などセラピストスタッフがいるかどうかというところです。

看護小規模多機能事業所は、多くの事業所の場合、看護師と介護士、その管理者が牛耳る組織なんですね。

そこに理学療法士が単身乗り込むのは、はっきり言って消耗戦になるでしょう。

リハの需要はあるかもしれませんが、病院との連携や医療保険と介護保険の煩雑な手続きなどが一気に自分にのしかかります。

で、他のスタッフを頼ろうにも、看護師と介護士はめちゃくちゃ忙しいので仕事を誰かに教えているヒマなんてありません。

そもそも、看護師や介護士もリハスタッフをどう扱っていいのかわからないのです。

なので、基本的にリハスタッフが1人もいない事業所に入ると、実質1人職場になります。

でも、仕事の流れは他のスタッフに教えてもらうことになるので、どうしても頼らざるを得ないわけですよ。

なので、よっぽどコミュニケーションに自信のある人でないと難しいでしょう。

僕みたいに、人付き合いが苦手なタイプには向いていません。

おそらく、リハのことをよくわかっていない施設の管理者であれば、とりあえず利用者の評価をしてだの計画書を作ってだのと言ってくるはずです。

で、それに報酬は発生しません。

ただの客寄せパンダです。

客寄せリハビリですね。

十分な報酬がもらえるのであれば別ですが、組織の運営が厳しくなれば真っ先に切られるサービスになるでしょう。

だって、お金が入らないんですから。

お金にならないサービスということは、スタッフからも冷遇されるということです。

キサマ、無料のサービスしているだけやのに給料だけもらいやがってキサマ!」みたいに感じる人はいるんですよ。

経営が苦しい組織であれば、そういった心無いリハへのバッシングはなおのこと強くみられるでしょうね。

そんな環境で働くのは正直辛すぎます。

なんでも、1人で1から仕組みを作っていくのは、大変です。

1人で飛び込むつもりなら、せめて退院からサービス利用までの流れを病院およびその地域連携室、居宅支援事業所、サービス提供事業者、各種保険制度の事情を理解しておく必要があります。

なおかつ、リハを賢くマネタイズする戦略を考えて参入するべきですね。

開拓精神がないと、つぶれます。

おわりに:自分の領分をわきまえた転職を

看護多機能小規模施設は、地域のニーズが高いサービスで安定した収入源といえます。

なので、安定を目指すのであれば、理学療法士が複数人在籍している施設、最低でも1人はセラピストがいる事業所への転職がおすすめです。

ただ、はっきり申し上げておきますと、かなり大変な環境になります。

命の瀬戸際の人がわんさかいる環境ですから、殺伐とした空気であることが多いです。

もう小さな病院といってもいいかもしれませんね。

まぁ、訪問看護に集中できれば特にしんどいこともないのでしょうが、きっと、施設内の業務にも引っかけられるでしょうね。

そこで消耗すること請け合いです。

近い将来、セラピストの選択肢がなくなったときにこういったド忙しい施設で働かざるを得なくなるのでしょう。

先のことはわかりませんが、少なくとも自分のやるべきことははっきり自覚した上で、看護師さん始め、多職種の仕事を理解しておきましょう。

これを意識しておけば、僕みたいにボコボコにされずに済みます。

ボコボコは怖いですよぉ〜。

ということで、頑張りましょう。

あ、「かんたき」は基本的に収入はまるめなんで、ガッツリ儲け出そうってのは難しいかもしれないのでそこらへんはよく事業所の下調べしておきましょうね。

安定より金儲けって人には、かんたきは向かないかもです。

僕みたいにね(笑)