ライティングはなかなか甘いものではない…が、可能性しかない!

ライティングはなかなか甘いものではない…が、可能性しかない!

今日から本格的にライティングの実績も作っていきます。

これまではあくまで副業気分でライティングをしていましたが、在宅で働くというロールモデルになるべく本業としてライティングに取り組んでいきますよ。

そのモチベーションで一日取り組みましたが、なかなか稼ぐとなると一筋縄ではいきませんね。

具体的にどのようになるのか、数字を紹介しながら説明していきます。

本日は約4000文字消化しました

なぜ消化と書いたのかというと、ライティングによる成果物は基本的に自分のモノにはなりません。

著作権からなにから、すべてクライアントとマッチング会社さんが所有することになります。

その対価として、僕たちライターはお金をもらっています。

お金はもらうけど、事業資産にはなりません。

だから、消化と表現することにします。

消化したことにより栄養になる

4000文字分の記事作成が僕にとってどのようなものになるのか。

それは、この記事作成を通してひとつずつライティングノウハウやテーマの知識が増えたということです。

消化したものが、僕自身の栄養になります。

僕はお金の勉強をしているので、それに関係した案件を多く手がけることでより詳しくなれるのです。

さらに、お金にまつわる法律の知識も必要な記事だったこともあり、「お金×法律」という変化球も投げられるようになりました。

次に記事を書くときは、さらにアップデートされたものを書くことができるでしょう。

ブログライティングによって投稿スピードが上がっている

やっぱり、ブログとライティングは相性がいいと思います。

ブログでは最低でも1000文字以上の記事を生産していました。

それもあってか、800~1000文字程度の案件がとても楽に感じるのですよ。

1万文字にもなれば結構な負荷がかかるかもしれませんが、僕自身かなりライティング体力がついてきたと実感しています。

それでも書き続けていると消耗する

やっぱり、仕事としての文章を書き続けると疲れます。

ブログの文章は、かなり自分の書きたいことについて自由にアウトプットしているのでストレスが少ないです。というより、書いていてすがすがしさを覚えますね。

理学療法士の副業にライティングはオススメ

理学療法士として働いていると、やたら書類を作る機会に出くわすでしょう。

それでも、その経験はかなりライティングに活きています。

僕は、本業のリハビリと副業のリラクゼーションをしながら、1カ月のうちに7万文字程度消化したことがあります。

金額にすれば12~13万円くらいでしょうか。

それでも、実習中のレポート地獄を思い出すことで何とか乗り切れました。

実習のレポート作りとライティングってそっくりなんですよ。

期限は厳守しないといけませんしね。

そのかわり、ライティングはお金になります。

これがライティングのいいところです。

わざわざ外に働きに出かけなくても、自宅にいながら稼げますよ。

理学療法士としての働き方は、なにもリハビリだけじゃないのです。

そういった意味でも、理学療法士の副業にライティングがかなりおすすめですよ。

単価をあげるためにはどんどん経験値を貯めるしかない

それでも、いきなりお金になる文章を書くとなると難しいものです。

最初は、クライアントが求められることと自分の書くことの食い違いが多々あり、そのたびに書き直しました。

今でもその問題はありますが、始めたころに比べるとかなり減ったと思います。

ライティングは、リハビリと同じように技術です。

技術と、知識が広く深くなれば、ダイレクトに収入に影響します。

やればやるほど可能性が広がるのです。

このやりがいは、リハビリだけをしていては得られなかったでしょう。

おわりに:理学療法士としての情報収集も欠かさない

とはいえ、理学療法士としての経験をすべてドブに捨てるわけにはいけません。

資格は捨てても、経験は財産ですからね。

特に、医療・介護保険制度の情報収集がしっかり続けていきますよ。

むしろ、現場でも保険制度の知識の方が需要は高いとみています。

情報通の脱サラ理学療法士ですよ、目指すべきは!

勉強あるのみ!